NEWS & BLOG

工事進捗 玉名郡玉東町(S様邸)躯体・防水検査

玉東町の平屋の新築工事、着々と進んでいます。

内部工事ではまず柱や梁などを固定する金物を取付けたり

筋交いなどで耐震性を向上させる部材を取付けていきます。

 

これらは完成してからは見えなくなってしまいますので、

設計通り施工されているかを検査します。

建築士の資格を持った検査員が細かくチェックし

家を支える柱や横揺れを防ぐ筋交いは

図面通りに施工されているかなどの検査を受けます。

 

検査員さんは建物の内外

どちらもくまなくチェックします。

 

防水検査も受け、どちらも「適合」をいただきました。

 

エアコンや換気のダクト、エアコン配管など

室内と屋外に貫通させる配管がありますが、

それもきちんと防水処置を行います。

処置がうまくいってないと、もしもの漏水の場合

ここから建物内部に水が浸入しカビ、ダニ、腐れなど

耐久性が著しく低下します。

そんなことが無いようにきちんと処置しています。

 

防水処置は地味ですがとても大事な部分になります!

 

 

 

新築・リフォーム・リノベーション・店舗・土地探し・エクステリア・外構
家づくりのことならなんでもお気軽にご相談ください
熊本・玉名・山鹿・荒尾 地域の工務店
稲葉製材住宅