NEWS & BLOG

トイレのスイッチ内、外どっちにする問題

ども、今村です。

 

今日はトイレスイッチの位置について議論です。

トイレのスイッチは廊下側に付けるのか

それとも中に入ったところに付けるのか。

 

●内(トイレ側)に付けたとき

【メリット】

・外から間違って電気を消されることがない

・廊下にスイッチが無いので見た目もスッキリ

 

【デメリット】

・暗いときドアを開けてスイッチを探さなければならない

・電気の消し忘れに気付きにくく、消すときはドアを開けて消す

 

 

●外(廊下側)に付けたとき

【メリット】

・電気を付けて入るので、明るい状態で使える

・消し忘れてもすぐに消せる

・来客時、スイッチの位置が分かりやすい

 

【デメリット】

・間違って外から電気を消される可能性がある

・廊下の壁にスイッチがあるため見た目がよくない

 

 

良い面があれば、悪い面もある。

どちらがいいとは判断しにくいですが、

その人に合った場所を見つけるしかありません。

 

 

最近ではみんなが触るドアノブやスイッチの位置は

敏感な印象を受けます。

 

トイレも中に手洗いがあればドアノブもきれいですが、

手洗いが無い場合は用を足した後、ドアノブとスイッチを触り

洗面台の蛇口を触る。

照明の形は限られてきますが、

人感センサー付き(人を感知したら自動で点く)の

照明にしたら、スイッチは触ることないです。

 

コロナの影響は人々を敏感にさせているかも。

これまで何も気にしていなかった人も

潔癖症の予備軍になっているのかなと。

 

まあ、風邪の予防には訳たってるかもですが。

ちょっとしたこともこれほど議論できるポイントでした。

 

 

 

 

新築・リフォーム・リノベーション・店舗・土地探し・エクステリア・外構
家づくりのことならなんでもお気軽にご相談ください
熊本・玉名・山鹿・荒尾 地域の工務店
稲葉製材住宅