NEWS & BLOG

新事務所の外壁

ども、今村です。

 

新事務所の全貌が見えてきました。

足場も外れた様子がこちらです。

 

実際は写真で見るより迫力あります。

白の塗り壁と小国杉の組合せです。

塗り壁と木の雰囲気はかっこいいです。

 

 

今回の塗り壁はモルタル下地に

ジョリパットで仕上げた方法になります。

耐久性も高く重厚感が違います。

 

 

まずはラスという金網のようなシートを取付けていきます。

この上からモルタルを塗っていきます。

モルタルが密着しやすいように金網を取付けるわけです。

モルタルを塗るときはメッシュ状の白いシートも一緒に塗っていきます。

これは地震など揺れた時にモルタルがひび割れしにくいようにするものです。

実際に熊本地震でも被害はなかったそうです。

モルタル下地は一回目が粗塗り、

二回目は仕上下地と二回塗ります。

 

 

モルタル下地が乾いたら仕上塗装に移ります。

仕上塗装が付きやすいようにシーラー処理(下地処理)をしてから

一回目の塗装を行います。

ジョリパットという塗料を使用しますが

汚れに強く伸縮性もある特徴があります。

 

一回目が乾いたらいよいよ最終工程です。

今回の表面仕上げはコテで押えるやり方です。

スプレーで塗料を吹き付け、そのあとからコテで押える方法です。

塗料はつぶれてランダムな凹凸感が出ます。

岩のような雰囲気です。

 

木部は保護保持剤を塗っていきます。

今回はロングウッドエコという塗料を使用しました。

特徴としては、土も水も汚染しないエコな塗料で

再塗装が不要なエコ塗料です。

材種や立地条件によって色合いが変わり

経年変化も楽しめます。

 

 

サイディングとは違い塗り壁は手間も多くかかります。

金額もやはり高くはなります。

しかし見た目や雰囲気は全然違います。

気に入った家でゆったりと暮らすのもいいものです。

イニシャルコストはかかりますが、ランニングコストは

比較的掛からないので経済的でもあります。

やる価値大ありです。

 

新事務所完成まであと少し!!!

 

 

 

 

新築・リフォーム・リノベーション・店舗・土地探し・エクステリア・外構
家づくりのことならなんでもお気軽にご相談ください
熊本・玉名・山鹿・荒尾 地域の工務店
稲葉製材住宅