NEWS & BLOG

住宅取得最新助成制度【グリーン住宅ポイント制度】

昨年の12月15日に国土交通省から公表された

「グリーン住宅ポイント制度」について

詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

1、目的・概要

省エネ性能に優れた住宅を購入、リフォームした人にポイントを発行し、

「新たな日常」等に対応した様々な商品と交換できる制度。

住宅投資を喚起し、新型コロナウイルス感染症の

影響により落ち込んだ経済回復を図る。

 

 

 

2、制度の特徴

①.取得ポイントは、一定の要件に適合する商品および追加工事に交換が可能。

②.リフォームで最大30万ポイント発行。(一部特例あり)

③.ポイントの特例で最大100万ポイント発行。

④.新築賃貸住宅も対象。

⑤.地方へ移住や、18歳未満の子供が3人以上いる場合など特例あり。

 

 

 

3、ポイントの発行

●新築(持ち家)

①.高い省エネ性能等を有する住宅(認定長期優良住宅、ZEH等) 40万Pt/戸

②.省エネ基準に適合する住宅 30万Pt/戸

 

●既存住宅の購入

①.空き家バンク登録住宅 30万Pt/戸

②.東京圏からの移住 30万Pt/戸

③.災害リスクが高い区域からの移転 30万Pt/戸

④.住宅の除却に伴い購入する既存住宅 45万Pt/戸

 

●新築(賃貸)

・高い省エネ性能を有する1戸あたりの床面積 10万Pt/戸

 

●リフォーム(持ち家、賃貸)

①.省エネ改修(窓、断熱、エコ住宅設備等) 30万Pt/戸

②.耐震、バリアフリー改修(任意) 30万Pt/戸

 

 

 

4、交換可能商品及び追加工事

①.「新たな日常」に資する追加工事

1)ワークスペース設置(間取り、間仕切りなど)

2)音環境改善(遮音ドア、内窓など)

3)家事負担軽減(食洗器、レンジフード、宅配ボックスなど)

4)ウイルス拡散防止(非接触型水栓、玄関回りの洗面所など)

5)換気設備(同時給排気型換気、通風付き玄関扉など)

 

②.災害に資する追加工事

1)災害対策(屋根瓦、防災ガラス、シャッターなど)

2)停電、断水対策(蓄電池、V2Hなど)

 

 

 

5、スケジュール

●契約

令和2年12月15日以降、令和3年10月31日までに契約を締結

 

●実績報告期間 

追加工事にポイントを交換 令和4年1月15日

商品のみポイントを交換 令和4年4月30日

 

 

 

 

特例もありますのでポイントは増える可能性もあります。

是非ご活用ください。

新築、リフォームをお考えの方は担当者に聞いてみるのもいいかと思います。

 

 

新築・リフォーム・リノベーション・店舗・土地探し・エクステリア・外構
家づくりのことならなんでもお気軽にご相談ください
熊本・玉名・山鹿・荒尾 地域の工務店
稲葉製材住宅