NEWS & BLOG

工事進捗 熊本県玉名市(Y様邸)地盤補強

 

玉名市のY様邸は

地盤調査の結果軟弱地盤と判定され、地盤の補強工事が必要という結果でした。

地盤が弱いと家が傾いたり、液状化被害にあったりとリスクが高まります。

 

地盤補強工事といっても多くの種類があります。

今回採用した工法は、自然素材の材料を使用するHySPEED(ハイスピード)工法というやり方です。

地中に砕石の柱を何本も作り地盤を強くします。

自然石なので埋設物扱いにならず土地の資産価値も下がりません。

 

 

 

まずは建物が建つ位置をだし、設計箇所に沿って穴を掘っていきます。

 

 

 

 

 

穴を掘ったらそこに砕石を投入し、ドリルで砕石を押し込み柱を作っていきます。

周りの地盤が圧密されることで強くなります。

 

今回、3.4mの長さの柱を50本作りました。

絶対に安心、、、とは言い切ることはできませんが液状化のリスクも軽減でき

保証も付いた地盤となりました。