NEWS & BLOG

断熱・水回りで省エネリフォーム紹介⑩(プチ情報)

最後に耳より情報です。

”緑の贈与” って聞いたことはありますか?

祖父母から住宅の新築・取得・増改築などを行う孫世代へ、

省エネ性能等の質の高い住宅の取得や省エネ設備を設置するなどの

増改築のための資金を贈与すると、一定の条件を満たすことで

贈与税が非課税になる税制です。

省エネ設備の種類

・太陽光発電設備

・太陽熱利用設備

・地中熱利用設備

・高効率給湯器

・燃料電池  など

 

非課税限度額

消費税8%時→300~1200万円

消費税10%時→700~3000万円

祖父母にとっては地球環境に有意義な贈与となり、

子・孫世代は光熱費の削減や太陽光発電の売電利益などを得ることができます。

家づくりに欠かせない木材。

木材は地球環境への負荷が少ないエコ素材ですが、

さらに生活の質も上げることにもつながります。

木材の心地よい香りは”リラックス”、”殺菌・防腐”効果があるんです!

 

「我が家の光熱費をもっと下げたい!」

「ほかの家庭に比べてエネルギーを使いすぎてないかな?」

と気になっている方も多いと思います。

そんな方におススメなのが”うちエコ診断”!

費用は無料で省エネ診断をし、アドバイスまでしてくれます。

気になる方は気軽にお試しください。

 

10回に分けてCOOL CHOICEの取組を紹介してきました。

一つでも気になるものはありましたか?

省エネの取組は快適な暮らしはもちろん、

地球にも優しく、お財布にも優しいものです。

まずは日々の心がけからなので、手軽に実践できるものから始めていきましょう!