NEWS & BLOG

新商品導入 第一種換気システム(ダクトレス)

どーも、今村です。

 

先日、完成見学会を開催したお家で導入した

換気システムをご紹介します。

 

2003年7月以降建築基準法で施行され、

全ての建造物に24時間換気システムを設置することが

原則として義務付けられました。

その理由としては、シックハウス症候群を予防するためです。

 

※シックハウス症候群とは、主に建材(内装材など)や家具などから

発生する様々な化学物質が原因で起こる症状です。

ひどくなると頭痛やめまいなど身体に害を及ぼす症状です。

 

 

24時間換気システムには大きく分けて3種類あります。

 

●第1種換気システム

給気:強制給気

排気:強制排気

●第2種換気システム

給気:強制給気

排気:自然排気

●第3種換気システム

給気:自然給気

排気:強制排気

 

多くの住宅では第3種換気システムが利用されていると思います。

次いで第1種換気システムです。

では、第1種と第3種のメリット、デメリットを説明します。

 

●第1種換気システム

メリット:換気計画が良好(家の隅々まで換気できる)

メリット:熱交換するので冷暖房のロスが少ない

デメリット:費用が割高

デメリット:メンテナンスが大変

●第3種換気システム

メリット:費用が安い

メリット:メンテナンスも割と簡単

デメリット:冷暖房のロスが大きい

デメリット:冬、給気口から冷気が直接入ってくるので寒い

 

商品としていいのは第1種換気です。

換気もきれいに行えて、冷暖房のロスが少ない為光熱費も安く済む。

しかし費用が高かったり、メンテもしにくいので採用されにくいのが現状です。

 

だったら、第1種で費用も安く、メンテもしやすい商品は無いのか?

辿りついたのが今回の換気システムです。

(今後もっといいものが出てくる可能性も大いにあります)

ドイツ製の機械でダクトレスタイプになります。

第1種換気システムにもダクトタイプとダクトレスタイプがあります。

 

ダクトタイプは天井の中をダクトを這わせます。

フィルターが付いているとはいえダクトの中はホコリなどで

汚れたりする可能性もあります。

ダクトの交換は容易ではなく、汚れた空気を吸う事にもなりかねます。

(すべてがそうなるわけではありません)

ちなみに弊社も工法によってはダクト式を利用する場合もあります。

 

 

ダクトレスは壁だけで完結します。

給気、排気はこの機械で行い、

フィルターの清掃や取替も簡単です。

機械が動いている時、音がうるさいとよく耳にしますが

結構改善されており気にならないほどでした。

導入費用も割と安く、メンテナンスもしやすいのがポイントです。

第1種換気システムのように熱交換タイプのものは

光熱費も大きく変わるので無駄なくエアコンが使えます。

夏であればせっかく冷えた空気をそのまま外に排出するのはもったいない。

冬だったらダイレクトに冷たい空気を室内に取り込むと寒いし、

温かい空気をそのまま排出するともったいない。

第1種は効率のいい機械換気です。

 

リモコンもスマートでいい感じです。

換気システムの設置は義務化ですが、

使うものによって快適性も変化します。

マニアックな部分になりますが余裕のある方は

元請会社さんに何を使用するのか聞くのもいいかもですね。

 

 

新築・リフォーム・リノベーション・店舗・土地探し・エクステリア・外構
家づくりのことならなんでもお気軽にご相談ください
熊本・玉名・山鹿・荒尾 地域の工務店
稲葉製材住宅