NEWS & BLOG

8月(葉月)の室礼

梅雨も明け夏の盛りを迎える頃。

8月はご先祖様が家に戻られる「お盆」があります。

故人やご先祖様を家に迎え入れ忍ぶための行事です。

 

仏間には盆灯篭や提灯を灯し、戻ってこられる目印として用意します。

無い場合はほおずきでも可能です。

 

お盆では茄子と胡瓜に足を付け動物に見立てていますが

どういった意味があるのか?

茄子は荷物を載せるための牛。

胡瓜はご先祖様が載って帰ってくるための馬。

こういった意味があります。

 

お盆には花火大会も多く開催されています。

ご先祖様や神様は雲の上にいるとされているため

なるべく近い空に向けて打ち上げられています。

 

お盆が過ぎると「送り火」を焚いて

ご先祖様をあの世へ送り出すところまでがお盆の室礼です。

 

 

 

 

 

 

新築・リフォーム・リノベーション・店舗・土地探し・エクステリア・外構
家づくりのことならなんでもお気軽にご相談ください
熊本・玉名・山鹿・荒尾 地域の工務店
稲葉製材住宅