PERFORMANCE

EARTHQUAKE RESISTING

熊本地震の教訓を踏まえ、耐震レベルは
最高ランクの“耐震等級3”を標準仕様とします。

地震で家を守るということはだけではなく、家族の命や財産を守ることだけではなく、
周囲のお宅や環境に二次的な被害を出さない事にもなります。
熊本県は震度1以上の地震が毎月平均で50回以上起きています。
今後いつ“熊本地震”のような震災が起こるかは、誰も予測することはできません。
しかし私たちは、地震に負けない家を建てることができます。

建築基準法
極めてまれに(数百年に一度程度)
発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性
建築基準法の
1.25倍の耐震性
建築基準法の1.5倍の耐震性
消防署や警察などの防災の拠点となる
建物がこの基準に相当します
DISCOUNT ARRANGEMENT
耐震等級が高いほど、地震保険の割引率が大きくなります。

※下表は画面に収まらない場合、左右にスライドしてご覧いただけます。

割引制度 保険料の割引率 保険料の割引の説明
耐震等級割引ご契約開始日が
平成13年10月1日以降
耐震等級1 10% 対象建物が、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に規定する
日本住宅性能表示基準に定められた耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
または国土交通省の定める「耐震診断」による耐震等級
(構造躯体の倒壊等防止)の評価指針」に定められた耐震等級を有している場合
耐震等級2 30%
耐震等級3 50%

※ 出典:財務省HPより抜粋・加工(https://www.mof.go.jp/financial_system/earthquake_insurance/jisin.htm