PERFORMANCE

ECOLOGY
国産木材100%使用。

国産材・県産材を使用することで気候風土に合った家になります。
また、国産の木材を使用することは、森林の育成を促すことにつながり、
大雨による災害対策、地域経済の活性化など大きな役割もあります。

TIMBER DISTRIBUTION SYSTEM

一般的な住宅会社に比べ稲葉製材住宅では、家の材料となる「木材」の流通経路にも気を配っています。
卸売業者・小売業者を経由せずに、製材所と提携することで、なるべく安く。
そして、安定して高品質の木材を仕入れることができるため、お安く施工ができるシステムになっています。

一般の木材流通過程
稲葉製材住宅の木材流通過程
HEAT INSULATOR

スーパーウォール工法(硬質ウレタンフォーム)

9年連続「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」受賞。
加工、組立、検査と工場生産にこだわり、厳しい基準で品質管理を行うことで性能にバラツキのない安心の品質を提供します。スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造です。

ウッドファイバー工法(木質繊維断熱材)

木の繊維で作られており蓄熱性・調湿性・吸音性に優れた次世代の断熱材です。環境先進国ドイツで開発され、2009年北海道苫小牧市に最新設備を導入した工場でき、日本でも生産・出荷が開始されています。
自然素材で作られた断熱材なので、環境・健康に最大限配慮したエコ断熱材です。